人気ブログランキング |

シネマ時評 16-2

シネマ時評 16-2_f0053757_2145613.jpg

シネマ時評 16-2_f0053757_2111334.jpg


今月は上記ほか『ドリームホーム 99%を操る男たち』『ブラック・スキャンダル』『ディーパンの闘い』の5本鑑賞。
『ドリームホーム』は『ソーシャル・ネットワーク』で主人公の共同経営者を演じたアンドリュー・ガーフィールドが、負け組から勝ち組への華麗なる変身を遂げるのだが・・・。
『ブラック・スキャンダル』はジョニー・デップの最近の作品の中では面白かったにぃ。
最低映画賞こと「ラズベリー賞」には1年前に見た『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』が選ばれたらしいけど過去ログを参照にね。

by 見巧者



【映画】

by blue_caps | 2016-02-29 21:11
<< モテモテ期 ライン・コミュニケーションズ >>