人気ブログランキング |

ブック・レビュー '18

クリスマスが終わった本日より、年末エンタメ特集だよ。
まずは今年読んだ本、読まなかった本、読めなかった本からイってみよう!
年間7万冊が世に出る書籍だが、全て読破した人は誰もいない。1日200冊以上なんか、いくら読書家の愛菜ちゃんでも無理。

ブック・レビュー \'18_f0053757_23082851.jpg
ブック・レビュー \'18_f0053757_23085732.jpg
ブック・レビュー \'18_f0053757_23092296.jpg

今年も新刊よりは積ん読本の消化が多かったにぃ。
渡辺淳一「白き狩人」は主人公2人の立場から日記で綴る異色作、他の2作も職場を舞台にしたサスペンス調の力作。
連載モノでは「緋の河」(桜木紫乃)、「逃亡者」(中村文則)、「とめどなく囁く」(桐野夏生)。
購められなかったのは「黙殺」(畠山理仁)、「詩羽のいる街」(山本弘)、「夜更けの川に落葉は流れて」(西村賢太)、「『最前線の映画』を読む」(町山智浩)、「十五の夏」(佐藤優)、「ベルリンは晴れているか」(深緑野分)、「彼女は頭が悪いから」(姫野カオルコ)、「介護士K」(久坂部羊)、「ある男」(平野啓一郎)、「地球星人」(村田沙耶香) 、「R帝国」(中村文則)。
いやあ読みたい本ってたくさんあるんですね~。

by 読み巧者



【書籍】

by blue_caps | 2018-12-26 23:13
<< ラジオ番組 '18 シネマ時評18-12 >>