人気ブログランキング |

2013年 12月 31日 ( 1 )

M・V・S '13

今年のベスト映画を選ぶM・V・S(モースト・バリュアブル・スクリーン)の発表です。

<邦画>
【1】おだやかな日常
【2】約束
【3】あかぼし

<洋画>
【1】クラウド・アトラス
【2】偽りなき者
【3】危険なプロット
【4】殺人の告白
【5】嘆きのピエタ

<アニメ>
【1】おおかみこどもの雨と雪

<ドキュメンタリー>
【1】世界が食べられなくなる日
【2】立候補
【3】犬と猫と人間と2

M・V・S \'13_f0053757_1415834.jpg




※なんクリ解説

邦画編【1】は昨年の『希望の国』以上かも。【2】は限りなく冤罪に近い容疑者を仲代さんが体当たり演技、非常に考えさせられた作品。【3】は布教活動する親子の悲哀を描いた秀作。
海外編【1】はとにかくスケールが桁違い!トムハンクスを筆頭に、出演者が何役もこなす七変化振りが見もの。時代が多岐に渡っているため(過去から未来まで)DVDでも復習したのは以前の『インセプション』同様。【2】はラストシーンの教訓的な隠れメッセージ、【3】は舞台的な演出が特異に感じられた作品、【4】は大どんでん返し、その他では『もうひとりの息子』『エリジウム』『キング・オブ・マンハッタン』『アルゴ』『ディクテーター』そして満員御礼の『ハンナ・アーレント』と甲乙つけがたい出来だった。
アニメは観客動員トップ10で唯一のセレクト。毎年のことだが、とにかくアニメとドラマの延長作品には辟易とさせられた。
最後のドキュメンタリー編は、【1】で遺伝子組み換え食品の危険度を学び、【2】は選挙の実態が分かるロングラン、他では『南の島の大統領』『花々の過失』は友川カズキ、そして『ルーツ・オブ・レジェンド』はボブマーリーと、両アーティストの実話。
最近では、直感で鑑賞を決めた時点でハズレはないのだが、45本中2本は残念だったかな~。

by ミGOーシャ




12月31日の所説

【映画】
by blue_caps | 2013-12-31 23:10