人気ブログランキング |

2014年 11月 17日 ( 1 )

将棋の日ATP決戦

決戦は将棋の日。
黄色いタマタマ引っぱたきっこは、1度もタマに触れることなくビッチ(ジョコ)の不戦勝となった。
将棋のタイトル戦には5番勝負と7番勝負があるが、テニスは3セットマッチと5セットマッチ。
今回は3セットにもかかわらず、どの選手もボロボロのかだらでの壮絶な戦いになった。
まずは大会そのものに出られなかったナダル、そしてラオニッチは錦織戦に涙の棄権、そのケイは手首と脇腹、ワウリンカは足首と太股、そしてフェデラーは背中と腰を痛めての決勝棄権となった。
ちなみに小生は乳首と脇の下の痛みがツンツンチクチク。
フェデラーは準決勝のワウリンカ戦で、4度のマッチポイントを握られながらの逆転勝利だった。
スイスの師弟対決、そして何よりダブルバックハンド全盛時代に貴重で華麗なシングルハンド対決でもあった。
ジョコビッチはメンタルに難があったが、何とか笑顔で乗り切った。
投資の世界では、情報やテクニークよりメンタルが重要。
テニスは、技術に精神力は勿論だが、まずは強靭な肉体と言えるだろう。

将棋の日ATP決戦_f0053757_1246433.jpg




※なんクリシングルバックハンダー

ベッカー、ノア、マッケンロー、レンドル、ルコント、ナブラチロワ、辻野隆三、エドバーグ、サンプラス、そしてフェデラー、ワウリンカ、ティエム。

(あまのくん)

http://www.blue-caps105.com/top



11月17日の所説

10月8日の所説

【金儲け】

【スポーツ】
by blue_caps | 2014-11-17 23:40