人気ブログランキング |

2015年 12月 31日 ( 1 )

M・V・S '15

1年間に公開される映画は、ざっと1100本。
それから見ればたったの65本(スクリーンのみ)だが、毎年最多鑑賞数を更新中!
ラインナップは毎月末日の過去ログをご覧下さい。
まずはイメージ画像の追加からね。

M・V・S \'15_f0053757_2294446.jpg

M・V・S \'15_f0053757_22101295.jpg


それではM・V・Sの発表です。
<邦画>
【1】 天空の蜂
【2】 百円の恋
【3】 この国の空

<海外>
【1】 ブラック・ハット
【2】 コンフェッション 友の告白
【3】 サン・オブ・ゴッド
【4】 オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
【5】 ナイトクローラー
【6】 ピエロがお前を嘲笑う
【7】 イミテーション・ゲーム
【8】 黄金のアデーレ 名画の帰還
【9】 セッション
【10】 ヒトラー暗殺、13分の誤算

<アニメ>
【1】 わたしはマララ(アニメバージョン一部併用)

<ドキュメンタリー>
【1】 ナショナル・ギャラリー
【2】 首相官邸の前で
【3】 ダライ・ラマ14世
【4】 みんなのための資本論



※なんクリ解説

邦画【1】はアクロバット救出シーンが余計との声もあったがアッベとアホな国民への痛烈なメッセージ作品。
【2】はアカデミー賞外国語映画賞部門日本代表作品。

海外編は【1】【3】【5】【6】ともにDVDで再度見たくなるスケールが大きい作品。【2】は韓国が今年も食い込んだ。新作『ベテラン』も公開中!
【4】は登場人物1人の電話による会話のみのワンシチュエーション作品。
次点とも言えるのがオムニバスの『人生スイッチ』、その他でも『神は死んだのか』『二重生活』『唐山大地震』『フォーカス』『イタリアは呼んでいる』『雪の轍』『パリ3区の遺産相続人』『ベル&セバスチャン』とキリがないほど面白く考えさせられる作品が多かった。
今年は純粋なるアニメーションは鑑賞の機会が無かったのでマララ頼みに。
では最後のドキュメンタリーにイってみよう。【1】は照明と自然光の違いや影・風の表現など絵画の見方をレクチャーしてくれた。【2】は政治と社会、そして国民の意識と行動について、【3】は死生観は永遠のテーマであること、そして【4】の経済と分析により、自ずと毎日の生き方が問われるんだなあと改めて感じました。
世間では『ビリギャル』『妖怪ウォッチ』『スター・ウォーズ』で大騒ぎしてるけどそん中で見たのは『マッドマックス』くらい。まあランキングに入ってないんだからベストとは言えなかったね。年明けにはシネマ展望をやりますのでお楽しみに!

by ミGOーシャ




【映画】

by blue_caps | 2015-12-31 23:08