人気ブログランキング |

2016年 06月 30日 ( 1 )

シネマ時評 16-6

シネマ時評 16-6_f0053757_951175.jpg

シネマ時評 16-6_f0053757_953251.jpg

シネマ時評 16-6_f0053757_955335.jpg

シネマ時評 16-6_f0053757_961864.jpg

シネマ時評 16-6_f0053757_964270.jpg


あとは『神様メール』と今月は6本。
サムゴーやスノーデン、マイケル・ムーアなど重厚なドキュメンタリー4本(スポットライトは事実に即した作品)とファンタジー系2本。
『妄想殺人』はウディ・アレン監督作で『ジゴロ・イン・ニューヨーク』以来。
『神様メール』は予告編の段階から同列に着席する男性が館内に響き渡るほどの笑い声。
本編でもベタなシーンや突拍子もないところでの笑いを連発、他の客もそれに釣られて笑うという流れになってしまった。
まあ、ベシャリ声やポリポリごそごそ音よりは気にならなかったけどね。
不覚にもオーレも笑ってしまった!

by 見巧者



【映画】

by blue_caps | 2016-06-30 23:31