人気ブログランキング |

2017年 12月 29日 ( 1 )

ベスト・ドラマ '17

<国内ドラマ>
【1】真昼の悪魔(フジテレビ)
【2】たやすい仕事(NHK-BSP)
【3】ラブホ!(フジテレビTWO)

<海外ドラマ>
【1】童顔美女(KBS)
【2】ブラック・ウィドウ 黒衣の人妻たち(AXNミステリー)
【3】アフェア 情事の行方(スーパーテレビ)

<なつドラ>
【1】ギラギラ(ホームドラマ)
【2】想い出づくり。(日本映画専門)
【3】俺たちの旅(チャンネルNECO)

f0053757_00080168.jpg



※なんクリ解説

国内ドラマ【1】は田中麗奈主演の医者が殺人鬼を演じるサスペンス、【2】はマノエリが仕事手配師(浅野温子)に紹介された社で起きる不思議な出来事はセンパイ(馬場園梓)が要因だった!?
【3】は余貴美子がラブホ従業員に扮し、それぞれのカップルのエピソードをナビゲートする、ランク外だが「ラブホの上野さん2」(CX)も含めて今更ラブホならぬアミューズメントホテルがトレンドなのか~?その他では新人女優の芝居にかなりブレがあった「&美少女」(BSフジ)、シナリオ募集の「青い鳥なんて」(CX-TWO)、バカリズムがOLを演じる「架空OL日記」(ファミリー劇場)、どーした!町田啓太が谷村美月と出演した「ガッタンガッタンそれでもゴー」はゴーとはならなかった。

海外編に移ろう。【1】のアパレル舞台の韓国ドラマが飛び抜けていた。数年前の作品なので、なつドラ扱いでも良かったんだけど、とにかく全20話の次の展開が待ちきれなかった。【2】【3】並びに「目撃者」(スーパードラマ)、「キャピタル欲望の街」(AXNミステリー)、「ザ・ステイト」(ナショジオ)とサスペンスドラマが続く。「アイドルドラマ工作団」(KBS)、「恋のドキドキスパイク」(BS12)と映画のみならずドラマも韓国強し。

最後のなつドラは【1】佐々木蔵之介の芝居が熱い!これきっかけで映画『破門』を見ることになった、【2】は柴田恭兵のいい加減さが際立ち、【3】その後シリーズ3連続の内「十年目の選択」はイマイチだったが、二十年目、三十年目で盛り返した。神田うのが出ていたのにはビックラした。
今期で光ってたのはチャン・ナラ(韓国)と芝居はさておき山本舞香かな。

by ミGOーシャ




【コンテンツ】

by blue_caps | 2017-12-29 23:13