人気ブログランキング |

2018年 06月 12日 ( 1 )

児童労働反対世界デー ’18

国際労働機関主導のこの日も中々改善されませぬ。
レスタベック(ハイチ)以外にも、アフガニスタンでは男女差別が激しすぎて、女の子は男装して男として生きなければ(バチャ・ポッシ)あらゆる障害が存在する。
日本のLGBTのようなヤワな話ではない。
男女差別は世界共通だが、数少ない逆差別の大会が終わった。
先週の全仏オープン(テニス)である。
日本ペア(女子)準優勝の賞金は2人で3600万円。
男子シングルスの優勝は常連ナダルで2億8000万円。
いやいやシングルスとダブルスの差額の話じゃない。
女子のシングルス優勝賞金も2億8000万円。
男女同額なのが問題なのだ。
スポーツの話では何度となく述べてきたが、女子は参加者が圧倒的に少ない。
さらに先進国以外では女子がスポーツにうつつを抜かす余裕など無い。
全仏を含めた4大大会では男子は5セットマッチで、5時間を超える場合もある。
が、3セットマッチの女子では1時間足らずで終えることも。
これは選手や観客(チケットは同額?)にとっては差別であり、体力面を考慮しても首を傾げる点である。
観客数や関心度も明らかに男性優位なので、男子選手と女子試合の観客は割が合わないのだ。

児童労働反対世界デー ’18_f0053757_00283364.jpg



※なんクリ再審

差別大国日本では、相変わらず検察は過ちを認めず真犯人を取り逃がしたままの法治ならぬ放置国家。

(あまのはしだて)

http://www.blue-caps105.com/top



【国際】

【スポーツ】

by blue_caps | 2018-06-12 23:16