人気ブログランキング |

2018年 12月 29日 ( 1 )

ベスト・ドラマ '18

<国内ドラマ>
【1】黄昏流星群(CX)
【2】やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(NHK)
【3】おっさんずラブ(テレビ朝日)
【4】ザ・ブラックカンパニー(CX)
【5】彼氏をローンで買いました(CX)

<海外ドラマ>
【1】品位のある彼女(LaLa)
【2】プロデューサー(KBS)
【3】アフェア情事の行方2(スーパードラマ)
【4】ブラック・ウィドウ2(AXN)
【5】FAMOUS IN LOVE(スーパードラマ)

<なつドラ>
【1】空飛ぶタイヤ(シネフィル)
【2】震える牛(シネフィル)
【3】断線(ホームドラマ)

ベスト・ドラマ \'18_f0053757_00522258.jpg



※なんクリ解説

国内【1】は佐々木蔵之介の熱演に尽きる、娘役の石川恋と笑顔一切なしの高田純次の出演シーンが後半はパタリと消えた、【3】は吉田鋼太郎演じる上司の行動は完全なセクハラ!【4】ヤンキーバーガー、サンキューです!
昨年のバカリズムが脚本&自身がOL設定で出演した「架空OL日記」(読売テレビ)は人気に火が着き、これからのオンエア予定あり。
海外編【1】はキム・ヒソンが凛とした役を好演、だがバラエティ「島銃士」の出演はいらなかったにぃ、【2】も韓国だが、ADという役職はないみたいだね、IUがアイドル役で出演、【3】【4】もだが、シーズンを重ねたのが「ハッピーバレー復讐の町」(スーパードラマ)、「Law&Order」「スノーフォール」(FOX)。あとはイギリス王室入りしたメーガン・マークルが話題騒然だった「SUITS5」、ソフトなラブシーンにも関わらず、破廉恥なドラマに出演・・との理不尽なバッシングを受けちゃったね。勢いがある中国のドラマからは「年下のオトコ」(アジアドラマチック)、韓国「最強配達人」(ホームドラマ)、「恋するレモネード」(アジアドラマチック)を追加しておこう。【3】「アフェア」が1話の半分ずつを2人の主人公の視点から描くのだが、まったく違うシーンも含まれているのでキャラクターがより奥深く理解出来る。
なつドラの他では、明石家さんまがパンツ一丁で走りまくる爆笑2Hドラマ「さんまの『おれは裸だ』」(日本映画専門)、「下北沢ダイハード」(ファミリー劇場)、「株価暴落」(WOWOW)。
総評としてはCXが盛り返し、NHKがやや精彩を欠いた。それにしても韓国ドラマが強い、いやいや中国、タイ、インドネシア・・とアジア全体でも遅れをとっているのが日本である。

by ミGOーシャ



【コンテンツ】

by blue_caps | 2018-12-29 23:52