人気ブログランキング |

2018年 12月 31日 ( 1 )

M・V・S '18

今年のベストシネマは63本の候補から選出。まずは『七年の夜』韓国版の画像からね。

M・V・S \'18_f0053757_23050744.jpg
ノミネート作品は、各月の末日(12月のみ25日)をご覧下さい。

<邦画>
【1】娼年
【2】四月の永い夢
【3】カメラを止めるな!
★次点
犬猿

<海外>
【1】名もなき野良犬の輪舞
【2】タクシー運転手 約束は海を越えて
【3】女は二度決断する
【4】ペパーミント・キャンディー
【5】スリー・ビルボード
【6】七年の夜
【7】否定と肯定
【8】バグダッド・スキャンダル
【9】スウィンダラーズ
【10】Seach/サーチ

<ドキュメンタリー>
【1】サムライと愚か者 オリンパス事件の全貌
【2】コスタリカの奇跡
【3】華氏119



※なんクリ解説

邦画の他の作品では、『リバーズ・エッジ』は及第点をつけられるが、又吉主演の『海辺の週刊大衆』と『止められるか、俺たちを』は期待外れだった。
海外編は【1】【4】ともソル・ギョングが存在感を示す、さらに【2】のソン・ガンホと『1987、ある闘いの真実』のハ・ジョンウ、『コンフィデンシャル 共助』ユ・ヘジン、の4人はとにかくよく出てるよな~。【5】はアカデミー賞を確信していたんだけどぅ。
その他では『ワンライン/5人の詐欺師たち』『THE KING』『アンダードッグ 二人の男』『時間回廊の殺人』『修羅の華』『7号室』が韓国作品、『恋する都市 5つの物語』(中国)、『目撃 闇の中の瞳』(台湾)、『バッド・ジーニアス危険な天才たち』(タイ)はアカデミー外国語映画賞ノミネート、とアジアの力作が続く。そして『THE PROMISE 君への誓い』(アメリカ・スペイン)、『嘘はフィクサーのはじまり』(アメリカ・イスラエル)、『ザ・インターセクションズ』(イギリス・南アフリカ)、『ザ・スクエア 思いやりの聖域』はパルムドール受賞、『ゲティ家の身代金』はドラマ版「Trust」とダブルで楽しめた。昨年触れたベストヌーディスト賞は『リバーズ・エッジ』二階堂ふみ。

ラストはドキュメンタリーね。【2】は自衛隊という名の軍隊など全く不要なのを、アッベこそが見るべき作品であった。【3】はトランプのみならず民主党の候補選びもデタラメだったことが判明したが、こんなん誰も知らんやろ!昨今の水道法改正にも関連するが、ミシガン州の汚染水をオバマが擁護してたことにもショック!フランス発『皇帝ペンギン ただいま』の地道な撮影には頭が下がりました。

見逃しネマとしては『ヒトラーと戦った22日間』『返還交渉人』『クレアのカメラ』『アジア三面鏡:リフレクションズ』を挙げておきましょう。いやあ、年末1週間のエンタメ特集は、他の執筆も含めて一番力が入るし大変な作業でした!最後に若林美保主演作を!雑誌「週刊実話」で撮り下ろしたんだよな~。

M・V・S \'18_f0053757_23071938.jpg
では良いお年を!

by ミGOーシャ



【映画】

by blue_caps | 2018-12-31 23:09