人気ブログランキング |

2019年 07月 02日 ( 1 )

ジム・クロウ法

ジム・クロウ法という黒人差別制度は、1964年の公民権法の成立で、88年の長き悪魔く(幕)を閉じた。
が、いまだに差別は歴然と存在する。
映画『グリーンブック』や『それでも夜は明ける』でも壮絶な差別が描かれていた。
前大統領をこき下ろす差別主義者トランプが、再選に向けて、北を呼び出し、カヤの外アッベには貸しを作り、サウジを手厚くおもてなし。
だが、ラストベルトのお蔭で当選したにも関わらず、その支持者たちからは総スカンのようだ。
一方の民主党は、本来ならヒラリーではなくサンダースが大統領候補だった(この事実も知られていない)のだが、今回も2番手につけている。
もはや白人男性候補では、黒人系の支持は受けられず票が割れてしまうので、失言癖の1番手候補者ではトランプの再選になってしまうだろう。

f0053757_00452727.jpg

(あまのはしだて)

http://www.blue-caps105.com/top



【国際】

【法律】

【映画】


by blue_caps | 2019-07-02 23:32