<   2016年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

M・V・S '16

昨年は『マッドマックス』、今年は『シン・ゴジラ』『君の名は。』狂騒一色だったが、それしか見てない後追いには呆れてまうよな~。
昨年の65本から52本とダウンするも、ホンマに面白かった映画は?
まずはノミネート追加画像からね。

f0053757_14575853.jpg


ノミネート作品については各月の末日をご覧下さい。

<邦画>
【1】該当なし
【2】該当なし
【3】アズミ・ハルコは行方不明

<海外>
【1】弁護人
【2】コロニア
【3】砂上の法廷
【4】ミス・ワイフ
【5】ハドソン川の奇跡
【6】ブリッジ・オブ・スパイ
【7】造られた殺人
【8】われらが背きし者
【9】ドリーム・ホーム 99%を操る男たち
【10】ニュースの真相

<ドキュメンタリー>
【1】マイケル・ムーアの世界征服のススメ
【2】ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち
【3】FAKE
【4】99分,世界美味めぐり
【5】シチズンフォー スノーデンの暴露



※なんクリ解説

邦画は救いようがないね、前代未聞の該当なしの嵐。【3】も、お情けに近いかな~。全ての枠を海外作品に献上したいくらい。ワーストに『太陽』と『シン・ゴジラ』。『後妻業の女』『SCOOP!』は見逃しねま。

f0053757_2315375.jpg

さわりの海外へそそくさと移ろう。
【5】【6】ともにトム・ハンクス主演ということもあり宣伝効果抜群、作品知名度もあることだろう。
だが【1】韓国大統領就任前の弁護士時代の国との壮絶な闘い、【4】【7】以外でも『ベテラン』『華麗なるリベンジ』の韓国作品に逸材ずらり、そして【2】+『素敵なサプライズ』『帰ってきたヒトラー』『イレブン・ミニッツ』『人間の値打ち』『ベストセラー』と良質のヨーロッパ作品が続く。
さらにアンジェリーナ・ジョリー監督『不屈の男 アンブロークン』、ウディ・アレン監督『教授のおかしな妄想殺人』、そして『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』『ザ・ギフト』のアメリカ作品も面目躍如。
最後のドキュメンタリーにイってみよう。
【1】は早い段階からトランプ大統領を予想していた監督が世界の現状をリポート、【4】のグルメビータを見ると、舌そのものや味が分かるということは生まれ持った才能なのかな~と思っちゃうよな~。
大部分が100g 2万円の和牛と1000円以下の輸入肉の違いも分からずに散財している。
結局、安価な美味しい味付けに騙されるやつと、世間が騒いでから見るイイネ野郎は同じ穴のムジナってことやな。
オモロイ作品くらい自分で見つけようや! 

by ミGOーシャ




【映画】

by blue_caps | 2016-12-31 23:27

ベスト・ドラマ '16

<国内ドラマ>
【1】女優堕ち(BS朝日)
【2】地方紙を買う女(テレビ朝日)
【3】スニッファー臭覚捜査官(NHK)

<海外ドラマ>
【1】ゴシップガール2(Dlife)
【2】マスターズ・オブ・セックス(LaLa TV)
【3】HOMELAND6(FOX HD)

<なつドラ>
【1】卒業(TBSch2)
【2】東京Xマス・ラブウォーズ(TBSch2)
【3】プリズン・ブレイク シリーズ(AXN海外ドラマ)

f0053757_10438.jpg




※なんクリ解説

国内ドラマ【1】は葵わかな主演の2話完結。谷村美月に似てるんだよな~(顔がじゃなくて出方や仕事の取り方)、【2】マシャカズさんドラマ、ストーリーにツジツマが合わない点があるがまあ良しとしよう、【3】阿部ちゃんのキャラで持ってった!サダヲよりヒロシです・・。その他では「マネーの天使」(日テレ)にも登場わかなちゃん、小籔のドヘタな芝居が逆に面白過ぎ、さすがベタな新喜劇。同局の「遺産相続弁護士」は最初はイマイチだったが尻上がりに、三上博史主演。もひとつ「黒い十人の女」は浅野ゆう子・鈴木京香主演オリジナルのオチャラケ版、下らないと思いつつもやり過ぎ演出がついにはヤミツキに?!船越さんの変貌に、当初から推していた佐藤仁美が飄々と見せてくれました。バラエティ「となりの志村」(NHK)でも大御所相手に人を食った演技で笑わせてくれたね。「祝女」(LaLa)、「相棒」は正月SPのみ。連ドラは軒並み崩壊、「IQ」なんとかやエンディングダンスやディーンに星野など、ホンや演技より話題性に頼りすぎ。シナリオを読んでパスしたり、1話を見てサヨナラパターンがほとんど。

海外ドラマに移ろう。シーズンモノが強かったが【1】はファイナルが【3】はシーズン5がなんだかな~、新作は【2】の他にも「MR.ROBOT」「SUITS/スーツ」(AXN海外)と楽しめました。
最後はなつドラね。【1】は中山美穂の彼氏役の中村繁之が後半に急に姿を見せなくなった。【2】は風間トオル絶頂期、菊池桃子&鈴木京香。「俺たちの旅」(NECO)その後シリーズはやっぱオモロなかったにぃ。アニメ「笑ゥせぇるすまん」(TBSch2)の新作が始まるらしいよ!
国内ドラマは今年もワーストを更新。二階堂!バラエティいらんぞい、キム・タク様~ 頑張って~! 

by ミGOーシャ



【コンテンツ】
by blue_caps | 2016-12-30 23:42

本当にあった?紅白歌合戦 '16

例年「ベスト・ミュージック」として続いていましたが、今回は趣向を変え、今までに聴き込んできた音楽の総決算をお届けします。
知る人ぞ知る名曲から、新旧もメジャーやインディーズも問わずの発表です。
ロック・演歌よりはユーロ・R&B洋楽の嗜好はありますが、あらゆるジャンルがバランスよく入ってますよ。
まずは紅組から。

1.麻倉未稀「LOVE IN THE AFTERNOON」(2)
2.ALICE「Destiny」(3)
3.石嶺聡子「私がいる」(2)
4.伊藤由奈「Faith」(2)
5.今井美樹「elfin」(5)
6.宇多田ヒカル「サングラス」(3)
7.小林明子「優しくだまして」(8)
8.傳田真央「夏の日も、冬の日も」(2)
9.HALCALI「ハルカリズム」(3)
10.薬師丸ひろ子「Woman゛Wの悲劇゛より」(2)
11.シェネル「君に贈る歌~Song For You」(2)

続いて白組!
1.ATSUSHI「Golden Smile」(2)
2.上田正樹「おまえの男だった時に」(3)
3.角松敏生「IT'S TOO LATE」(13)
4.KAN「プロポーズ」(4)
5.久保田利伸「ポリリズム」(13)
6.清水翔太「桜」(5)
7.TUBE「冬の海岸通り」(12)
8.徳永英明「過ちの夏」(4)
9.槇原敬之「3月の雪」(6)
10.ゆらゆら帝国「つぎの夜へ」(2)
11.ウ・ソンミン「悟りにチャレンジ」(1)

曲名の次の数字は出場回数ではなくノミネート曲数。10名づつで11番目のみ日本語歌詞での海外アーティスト特別枠。
【紅組】の8は浦田直也(AAA)とのコラボ、10はユーミンが提供した楽曲で自身が一番の出来栄えと絶賛。
【白組】1は久保田利伸とのコラボ、7は冬の名曲ずら~り。 

by キキGOシャ

f0053757_1144335.jpg



【音楽】

by blue_caps | 2016-12-29 23:45

ラジオ番組 '16

ディスクジョッキーの日でもある本日、ラジオ番組の発表です。

<ラジオTOP3>
【1】いとうせいこう×みうらじゅんザツダン(QR)
【2】角田龍平2016勝手に総決算(LF)
【3】高須光聖の空想メディア(AU)

レギュラープログラムは例年通り。ラジオの場合はテレビ以上にリスナーやファンとの絆が強いから必然的に長寿となる。
よってスポットや新番組はよっぽどのキャスティングや企画力がないと厳しい。
【1】はCSの秋元康の異名を持つ暴れん坊みうらじゅんが物知り博士いとうとのコラボ実現、テレビでは山田五郎×みうらで既に伝導入り。
【2】テレビ「サンデージャポン」のレギュラーだった角田芸人弁護士は「オールナイトニッポン2部」のパーソナリティでもあった。
橋下よりもソフトな語り口ながら鋭い突っ込みを入れる風雲児振りを発揮している。
【3】こちらも同局「放送室」で相方?松本人志と1時間番組をやっていたが、今やワイドショーの御意見番?という気楽な仕事に逃げられてしまった。
一人で番組を死守しているのはナイナイ岡村さんしかり。
その他音楽では「ファミリーディスコ」が金曜に引っ越してからスローダウン、「ディスコフリーク」(AU)も何となく終わってしまったようだ。

by キキGOシャ

f0053757_365344.jpg




※なんクリ解説と読み仮名

それにしてもタレントのワイドショー化は由々しき問題である。何の根拠もなく調べもせず取材もせず明らかに間違ったことを思い付きで声高らかにホザく。ほんでもってギャラを1.5倍に上げろ言う元ライト兄弟M.H.には困ったもんや。
角田龍平・・すみだりゅうへい
角田信朗・・かくだのぶあき
角松敏生・・かどまつとしき
つのだ☆ひろ・・つのだひろ



【コンテンツ】
by blue_caps | 2016-12-28 23:09

バラエティ番組 '16

<バラエティTOP5>
【1】ボス潜入・覆面調査vol.2(NHK-BSP)
【2】野性動物ビックリ映像集(アニマルプラネット)
【3】小林賢太郎テレビ6(NHK-BSP)
【4】古市ドア(BSフジ)
【5】はくがぁる(テレビ朝日)

<音楽TOP3>
【1】久保田利伸キューバ音楽紀行(BS日テレ)
【2】角松敏生35th Anniversary(BSフジ)
【3】野口五郎の改札口の伝言板(歌謡ポップスch)

<情報・教養TOP5>
【1】独裁者の部屋(NHK-Eテレ)
【2】外国人記者は見た+ (BS-TBS)
【3】潜入!ロシアの凶悪受刑者たち(ナショジオ)
【4】クルーズ夢紀行(MX)
【5】ドキュメント(日テレ)

f0053757_1113376.jpg


まずはバラエティ編【1】は昨年からの足掛け第2弾がダントツ、【2】は地上派で有りがちなペット映像とは訳が違う迫力、【4】1回ポッキリだったが小沢一郎以外恐いものなしの突撃振りが炸裂、【5】当初(コンドーム問題)から予言していた夏目三久のブレイクの的中は当たり前。その他では「テリー伊藤のマル金ライダー8」(MX)と、もう1本「訳あり女」(MONDO-TV)、テリーのハチャメチャな行動は若手芸人こそが見習うべし、「快傑えみちゃんねる」、ややマンネリか「マツコ会議」(日テレ)。

続いて音楽編、【1】キューバでラジオ番組に出演した唯一の日本人トシ・クボータ。その他では「ドライブミュージック」(歌謡ポップスch)、「ディスコ・トレイン」は月1の30分枠に格下げ、そして「笑う洋楽」(NHK-BSP)・「あの年この歌」(BSジャパン)・「ミュージック・ポートレイト」(NHK-Eテレ)・「SONG TO SOUL」(BS-TBS)と安定したプログラム。

おしまいは情報系ね。【1】はスウェーデン制作の大実験ドキュメンタリー、【2】では日本のメディアの異常さとダメっぷりがよく分かる。それ以外にも「ニュース女子」(MX)・「言論バー」(BS朝日)と政府御用番組が続く。「町山智浩のアメリカのいまを知るTV」(BS朝日)、「ブレイブ勇敢なる者『えん罪弁護士』今村核」(NHK)は骨太番組、「週刊リテラシー」上杉隆降板後と田村淳の「訊きたい放題」は完全な力不足でただ頷くのみ、一転「中国少林寺×武井壮」で締めましょう、押忍! 

by 見GO者



【コンテンツ】
by blue_caps | 2016-12-27 23:16

ブック・レビュー '16

年々読書の時間が削られてしまう。
新聞に雑誌、プリントを読破してからだと、就寝時に読みながら寝てしまうことも多々ある。
まずは連載モノからイってみよっか~!普段読まない時代小説「影ぞ恋しき」。

f0053757_934687.jpg


そしてかなり前に購めて放りっぱだった「千年旅人」、3話の構成だがキモはエピローグである。
抜粋してみよう。「百年前、わたしは生きてはいなかったし、百年後わたしは生きてはいないだろう。この宇宙の長大な流れの中では、わたしという存在の生きた時間はあまりにも儚く短い。」「肉体は船だとしよう。人間の魂はこっちからむこうへと渡るために肉体という船が必要なのだ。」この箇所は幸福の科学(肉体は魂の入れ物)、そして「千年を旅してきた者特有の悟りきった顔をしていることである。」の部分はまさに(悟りをひらく)ことに通じている。
さらに「ここまできたらもう少し生きてみたい。折角だからこの川の流れを楽しんでみたいと思うようになった。」 と続く。
ここからもこの小説がいかに奥深く興味深いと思えるのではないだろうか!?
著者の元パートナーと言えば中山美穂だが、先週なつドラ「卒業」を見たばかり、そしてこの時期に一咲というペンネームで作詞を手掛けた。
振り返ると、デビューからプロデューサーや作詞・作曲家に恵まれていたんだな~と思う。
松本隆&ブラックダイヤモンド、竹内まりや、小室哲哉、角松敏生、珍化康、杏里・・・とそうそうたる顔触れ。
なんか書籍というより、ドラマや音楽とごちゃ混ぜになっちゃったけど、これぞエンタメの融合ということで、年末に掛けて怒濤のランキングに注目してくれい!

by 読み巧者



【書籍】

【音楽】

by blue_caps | 2016-12-25 23:33

シネマ時評 最終ノミネート

f0053757_9134843.jpg

これに『ガール・オン・ザ・トレイン』の2本を加えて今月は5本、そして今年トータルで52本。
『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』は杉原千畝というべきかシンドラーと呼ぶべきか、チェコスロバキアでユダヤ人難民を疎開させるべく尽力した実話である。
ドッキリのような番組で50年後に対面するシーンでは涙が止まらなかった。
昨今は密告社会、暴露合戦のような秘密や悪事を晒すイヤ~な世だが、このニコラスさん、この善行を家族にも話しておらず黙々と当然のように行っていた。
これは金メダルや栄誉賞やノーベル賞(ノミネートされる)よりも称えられるべきであり、心が洗われた。
いや、人に認められるとか受賞とか価値という概念すら存在せず、小生の感想すら陳腐なものになってしまうが、とにかく知ってもらいたかった。
というわけで1年は52週、丁度週1本ペースで鑑賞することが出来た。
あとは大晦日のM.V.Sに乞うご期待!

(あまのくん)

http://www.blue-caps105.com/top



【映画】

by blue_caps | 2016-12-23 23:28

文春砲炸裂

村西監督は「バラダン」準レギュラーをゲット、そして巷で話題のカリスマ記者中村氏は「快傑えみちゃんねる」に登場!
昨今スクープを連発している「週刊文春」だが、元々政界やジャニーズ帝国のウラやタブーを暴く社会派で硬派な記事には定評があった。
だが、最近は話題にはなれど、どーでもいい下らないネタにシフトしてしまったようだ。
オスのプレイよりオスプレイを、不倫よりフリンを、阿倍野スキャンダルより安倍のスキャンダルに切り込まなければ、3流誌に転落必至やぞい!

f0053757_1016469.jpg


「オーレも裏ネタ提供したよな~」

(あまのくん)

http://www.blue-caps105.com/top



【裏ネタ】

【コンテンツ】
by blue_caps | 2016-12-22 21:02

オスプレイ落ちた死ね

保育園に続いてオスプレイも落ちた。
沖縄だけの問題じゃない。
日本全国上空を飛び回っている。
くしくも昨日は日本で初めて飛行に成功した日(106年前)、そして本日はコザ暴動(46年前)があった日。
安倍よ、落ちたのは安部(地区)やとよ。
アメリカのケツを舐め、北に脅かされ、プーチンに捲られてるんじゃ、ケツを捲るしかないやろ!
三権分立は夢のまた夢、裁判官は国(御主人様)を見上げるポチ、裁判所は独立どころかドロドロ癒着の国の犬舎。

f0053757_228091.jpg

(あまのはしだて)

http://www.blue-caps105.com/top



12月20日の所説

【国際】

【乗り物】

by blue_caps | 2016-12-20 23:27

今年の漢字群 '16

今年はこんな感じ?どーでもいい漢字【金】を取り上げちゃったから、ついでにもっとマーシーな一字を!
ってことで、他の候補が腐るほどあるぞい。
まずは【倫】多過ぎる[不倫]ネタ、トランプ内閣入り[フリン]のオマケ付き。
続いてはヤニーズの【移】独立というべきか裏切りなのか[移籍]か!?沖縄基地や築地市場の[移転]に放射能の除染ならぬ[移染]も絡む。
それから天皇と成宮を一緒にしちゃっちゃね~の【退】[退位]と[引退]。
ほんで【暴】年末に飛び込んで来たのが[暴走]老人、石原の厚化粧ババア[暴言]に、ポケモンBO[暴]、以上ひっくるめた上での地震・台風・陥没などの【災】災害、【殺】障害者大量[殺人]・・・締めくくりは薬関係の【麻】【覚】【飛】【鳥】【涼】ってそのままやんけ!
立つ鳥跡を濁りっぱ。

f0053757_130992.jpg

(あまのくん)

http://www.blue-caps105.com/top



12月19日の所説

【辞書】

by blue_caps | 2016-12-17 23:07